初心者がブログを始めるメリットとは?

始めてブログを始める人にとって、どのようなメリットがあるのか

インプットとアウトプット

2002年頃から話題になり、その後人気になったブログ。
今でも多くの人が自分のブログを開設し、日々発信しています。
最近では、SNSに押されている雰囲気がありますが、未だに多くの人が利用しているブログ。
これからブログを始めてみようと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
始めてブログを始めるに当たって、どのようなメリットがあるのかここでは紹介していこうと思います。

中には、「私はSNSを毎日更新しているから、今更ブログをやる必要はない」と思っている人もいるかもしれません。
ここで理解してもらいたいのは、ブログとSNSは全く別物だということ。
そもそもブログとはウェブログの略。
ウェブ上にログを、つまり「記録」を残すことを目的としています。
一方、SNSは人と人とのつながり、コミュニケーションが目的です。
基本的に狭い範囲内での情報発信がSNSなのに対し、ブログはより多くの人に自分の発信をみてもらえる機会があるわけです。
ある特定の内容についてブログで書いていた場合、検索サイトでその内容に合うキーワードを打ち込むと、自分のブログが検索サイトでヒットする可能性だって、ブログであればあるのです。
つまり、ブログは外部への発信、SNSは内部への発信、というのが一般的な使い分けとなります。
ホームページの代わりに、自分の仕事をブログで紹介している事業主の方も多くいるのは、そういった理由からです。
これらかブログをはじめようと思っている方に中で、外により多くの情報を発信したいと考えている人にとってはメリットとなります。

ブログとSNS

SNSと比べて、ブログは情報量を多く記載できるのが特徴です。 また、SNSはフォロー型メディアと呼ばれている一方、ブログはストック型のメディアであることも特徴の一つと言えます。 いわば、ブログは積み重ね式のメディアなのです。 つまり、ブログは簡単に過去の記事を見ることができます。

ブログはアウトプットの場

ブログを始めることで、意識的にインプットをするようになると前述しました。 そして、それをアウトプットすることで、インプットした知識や体験は完了するとも記載しました。 インプットを意識的に行うことは簡単なことではありません。 ただ、それ以上にアウトプットにはトレーニングが必要なのです。

新しいコミュニティと時間の有効活用

SNSは自分のコミュニティ内で情報を共有することに特化しているのに対して、ブログは広く外に向かって情報を発信する場であることはこれまでの説明で理解してもらえたと思います。 ではいったい、外部に情報を発信することでのメリットは何があるのでしょうか?

TOPへ戻る