リメイクの強い味方たち

古着を入手しよう!

最近の若者の間では80年代や90年代の古着を古着やさんで購入し、自分でオリジナルでアレンジすることがブームになっています。
特に注目されているのが、ラルフローレンなど、胸元にワンポイントあるシャツの袖元や裾をアレンジするリメイク。これから暖かくなっていく季節にぴったりです。

冬から根強く人気が続いている、ベルスリーブっぽく見せるために、同じ色・素材の生地を使って袖元に工夫を凝らすリメイクをよく見かけます。特に、春の一大トレンド、プリーツを袖元にあしらったアレンジが、女子っぽさを演出できてとてもおすすめ!

作り方としては、大き目の古着シャツを用意し、自分の肘あたりで一度カットします。カットした先をジャバラに折ったり、フリルっぽくなるよう根本を集めるように縫い付ければ完成!

スウェットやパーカーでカジュアルにも!

古着シャツの他に人気なのが、古着スウェット・パーカーのリメイク!
ChampionやKANGOL、FILAなど近年人気を博しているブランドの古着が主役にしやすいことこの上なしです。
しかも、シャツよりもリメイクしやすいのが、なんといっても最大のポイント!
身衣と袖とで異素材・バイカラーなデザインにするのが、おしゃれです○

用意するものは、ロゴ入りの古着スウェット(パーカー)1枚と、袖にしたい服(ロンTでも、シャツでもOK)
スウェット・袖にしたい服の袖の付け根をそれぞれカットし、縫い合わせるだけで完成!

パーカーと袖は真逆の色や、パーカーが無地なら袖は柄などというように、メリハリある組み合わせがおしゃれ見えさせるコツです○
手縫いがめんどくさければ、ミシンでサクッと縫い合わせてもOK!簡単なので、ぜひリメイクデビューの1品にしてみてください!


この記事をシェアする
TOPへ